活動ブログ

選手交代・政策転換

さとう広典 公式facebook こちらからもご意見頂けるようになりました。
皆様のご意見をお聞かせ下さい
国民民主党 広島県第7区総支部長 元東京都議会議員&nbasp;佐藤広典後援会事務所まで
TEL:084-959-2189
FAX:084-959-2639
MAIL:sato@satohironori.com

活動ブログ

キャッシュレス決済のポイント還元事業についての調査について 1/16(木)「さとう広典の気になる数字」

 

 1/16(木)に放送した 「さとう広典の気になる数字」で、「キャッシュレス決済のポイント還元事業についての調査」について、お話しさせて頂きました。以下のリンクから、ぜひ聴いて下さい。

 キャッシュレス決済は、売り上げが店舗に入金されるまで時間がかかる場合があります。
 「キャッシュレス決済導入に伴って、売り上げの入金が遅くなり、資金繰りに困る事がありましたか?」という調査については、「困る事がある」という回答が19.3%、「常に困っている」という回答が2.8%ありました。
 合計すると、「キャッシュレス決済を使っている店舗」の22.1%が資金繰りに困っている事になります。
 特に、「売上高が3億から1億の企業」では、32.6%がキャッシュレス決済導入に伴って、「資金繰りに困っている」と回答しています。これは、ポイント還元事業補助金事務局である「一般社団法人キャッシュレス決済協議会」が行った調査結果です。
 2割の店舗が困る取り組みを、税金を使ってやる事というのは、ちょっと納得できないですね。

 売り上げへの効果についての調査結果ですが、「非常に効果があった」という割合が5.8%、「効果があった」という割合が32.9%でした。
 一方、「あまり効果がなかった」が38.3%、「効果がなかった」が23%と、売り上げにあまりつながらなかったという割合が、計63.3%にのぼります。
 かなりの税金を使ったわりには、結果につながっていないですね。

 そもそも、このポイント還元事業は、消費増税による売り上げ減少を防ぐための対策として実施されました。しかし、かなりの税金を使っているのに、「店舗の売り上げにつながらない割合が多い」、「資金繰りに困る」という事では、意味がないですね。

 今回のポイント還元のために、2018年度は、総額で2800億円を計上しておりましたが、「2019年度分の財源が千数百億円程度不足する見通し」と報道されています。
 そうなると、総額で、ポイント還元に費やす予算が4千億円を超える可能性があります。
 しかも、9か月しか実施されないのに、システム開発、コールセンターの設置や広報を含めて830億円もの費用をかけている事は疑問です。

 予算が厳しいからと消費増税をしたわけですが、結局、ばらまくような税金の使い方をする事は、納税者の皆様に理解されないのではないでしょうか。
やはり、政治家を変えて、税金の使い方を変える事が必要です。

FMふくやまで、毎週木曜朝7:50頃から「さとう広典の気になる数字」を放送しています。
これからも、皆さんと一緒に、数字を切り口に色々な問題を考えていきます。
〇さとう広典のFacebookページをシェアして下さい。https://www.facebook.com/satohironoridp/
〇さとう広典HPはこちらです→http://www.satohironori.com

広報スタッフ

2021年1月実施予定の「大学入試共通テスト」について 1/9(木)「さとう広典の気になる数字」

  

 1/9(木)に放送した 「さとう広典の気になる数字」で、2021年1月に実施予定の「大学入試共通テスト」について、お話しさせて頂きました。以下のリンクから、ぜひ聴いて下さい。

 大学入試共通テストについては、英語民間試験導入について、10月24日に野党が導入延期法案を衆議院に提出して、11月1日に見送りが決定されました。
また、記述式の試験についても、11月14日に野党が記述式試験導入中止法案を衆議院に提出し、12月17日に文部科学大臣が導入見送りを記者会見で発表しました。

 記述式試験については、やはり、採点に関する問題が多くあります。
今までのセンター試験は、マークシート式で、機械で読み取る仕組みでした。
2019年のセンター試験受験者数は57万6,829人であり、大量の答案を短期間で処理するためにマークシートの方式を使っていました。
 しかし、記述式のテスト問題では、人間が採点しますから、57万人分の答案を公平に採点する大勢の採点者を確保しなければなりません。

 これまでも、2次試験で、それぞれの大学が独自の試験を実施しているわけですから、大学入試共通テストに変更するのではなく、従来のセンター試験で良いと思います。
 受験制度が二転三転する事は、結果として、受験生の皆さんや親御さんの負担が増える事になってしまいます。
 やはり、公平で公正な、受験制度をつくる事が必要です。

FMふくやまで、毎週木曜朝7:50頃から「さとう広典の気になる数字」を放送しています。
これからも、皆さんと一緒に、数字を切り口に色々な問題を考えていきます。
〇さとう広典のFacebookページをシェアして下さい。https://www.facebook.com/satohironoridp/
〇さとう広典HPはこちらです→http://www.satohironori.com

広報スタッフ

観光とアートについて 1/2(木)「さとう広典の気になる数字」

 1/2(木)に放送した 「さとう広典の気になる数字」で、観光とアートについて、お話しさせて頂きました。以下のリンクから、ぜひ聴いて下さい。

 2019年に香川県と岡山県で開催された瀬戸内国際芸術祭は4回目ですが、来場者数が1,178,484人と大成功しています。
ここには、多くの現代美術を中心としたアート作品が展示されており、アートが、観光客の集客の1つの要素になっております。
 平成28年社会生活基本調査を見ると、美術鑑賞を趣味としている割合は、男性は15%なのに対して、女性は22.2%と高くなっています。
つまり、女性の方がアート作品を見る事が好きなんですね。

 観光で宿泊していた層を分析すると、2018年の倉敷市の場合では、「夫婦・カップル」が29%、「女性グループ」の割合が20.2%を占めていました。
しかも、「女性グループ」の方が、「男性グループ」よりも3.2倍多くなっていました。つまり、環境客を増やすには、女性にアピールする事が必要です。

  福山市の場合には、「女性グループ」の方が、「男性グループ」よりも1.9倍多くなっていましたが、倉敷市や尾道市に比べて、「女性グループ」の比率が低い状況ですから、まだまだ女性の皆さんにPRして、観光客として惹きつける余地があるのではないかと思います。

 福山市に、1回観光に来て終わりというのではなく、アートイベント等イベントな等、様々なイベント等を増やして、何度も観光に来て頂く、リピーターを増やす事が大切です。
 2018年に福山市に宿泊した割合を見ると、東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏が34.5%、大阪・京都・兵庫の関西圏が24.7%になっていました。
近隣だけでなく、首都圏や関西圏での広報活動に力を入れる事が大切だと思います。

FMふくやまで、毎週木曜朝7:50頃から「さとう広典の気になる数字」を放送しています。
これからも、皆さんと一緒に、数字を切り口に色々な問題を考えていきます。
〇さとう広典のFacebookページをシェアして下さい。https://www.facebook.com/satohironoridp/
〇さとう広典HPはこちらです→http://www.satohironori.com

広報スタッフ