活動ブログ

選手交代・政策転換

さとう広典 公式facebook こちらからもご意見頂けるようになりました。
皆様のご意見をお聞かせ下さい
国民民主党 広島県第7区総支部長 元東京都議会議員&nbasp;佐藤広典後援会事務所まで
TEL:084-959-2189
FAX:084-959-2639
MAIL:sato@satohironori.com

活動ブログ

労働時間と労災申請について 10/10(木)「さとう広典の気になる数字」

 10/10(木)に放送した 「さとう広典の気になる数字」で、労働時間と労災申請について、お話しさせて頂きました。以下のリンクから、ぜひ聴いて下さい。 

 業種別に「月末1 週間の就業時間が60 時間以上の雇用者の割合」を見てみますと、平成30年は「運輸業・郵便業」17%が1番多く、
3番目が「教育・学習支援業」11%、
3番目が「建設業」10.2%でした。

 そして、平成29年度の「脳・心臓疾患の労災請求件数の多い業種」は、
1番多いのが「運輸業・郵便業」197件、
2番目に多いのが「卸売業,小売業」115件、
3番目が「建設業界」112件でした。
これは、厚生労働省「平成30 年度過労死等の労災補償状況」のデータです。
これを見ると、長時間労働の割合が高い業界の申請が多いことがわかります。

 労働基準監督署でも、2018年4月から「労働時間改善指導・援助チーム」を編成して、長時間労働の是正及び過重労働による健康障害の防止を重点とした監督指導を行っています。
 また、労働組合の連合福山地協でも、無料の相談ダイヤルを設置して相談を受けています。
 働く皆さんの健康を守るためにも、労働時間などの勤務条件を労働組合と企業で労使協議をしながら、働きやすい労働環境をつくる事が必要ですね。

FMふくやまで、毎週木曜朝7:50頃から「さとう広典の気になる数字」を放送しています。
これからも、皆さんと一緒に、数字を切り口に色々な問題を考えていきます。
〇さとう広典のFacebookページをシェアして下さい。https://www.facebook.com/satohironoridp/
〇さとう広典HPはこちらです→http://www.satohironori.com

広報スタッフ

厚生労働省が424の公立・公的病院に再編・統合要請をした問題について 10/3(木) 「さとう広典の気になる数字」

 

 10/3(木)に放送した 「さとう広典の気になる数字」で、厚生労働省が、424の公立・公的病院に再編・統合要請をした問題について、お話しさせて頂きました。以下のリンクから、ぜひ聴いて下さい。


 
 今回、広島県では13の病院が指定され、その中に、「府中市民病院」、「府中北市民病院」もありました。
「府中北市民病院」は上下町にありまして、私も訪れた事がありますが、なくなってしまうと、かなり遠方まで行かなければなりませんから、地域の方々は本当に困ると思います。
 消防庁の「平成30年版 救急・救助の現況」を見ると、現場到着所要時間は全国平均で8.6分、病院収容所要時間は全国平均39.3分になっています。やはり、救急車を呼ぶような一刻を争う病状の際、病院が遠いと困りますね。
 福山市でも郊外の小学校が統廃合されていますが、病院も小学校も統廃合されてしまうと、郊外には住みにくくなってしまいますね。せっかく地方に住んでいるのに、自然の豊かな場所には住めないとなると、とても寂しい思いがします。

FMふくやまで、毎週木曜朝7:50頃から「さとう広典の気になる数字」を放送しています。
これからも、皆さんと一緒に、数字を切り口に色々な問題を考えていきます。
〇さとう広典のFacebookページをシェアして下さい。https://www.facebook.com/satohironoridp/
〇さとう広典HPはこちらです→http://www.satohironori.com

広報スタッフ

介護にかかる費用について 9/19(木) 「さとう広典の気になる数字」

 9/19(木)に放送した 「さとう広典の気になる数字」で、介護にかかる費用について、お話しさせて頂きました。以下のリンクから、ぜひ聴いて下さい。

 
 介護にかかる平均費用は、1人あたり約500万円になるという調査結果があります。
 介護の平均期間が54.5か月、月々の費用の平均が7.8万円、一時的な費用の合計が69万円で、合計すると、約500万円になります。
 これは、生命保険文化センターのアンケート調査のデータで、介護の費用については、公的介護保険サービスの自己負担費用を含むものです。
 調査結果を見てみると、4年以上10年未満の方が28.3%、10年以上の方が14.5%にものぼります。10年以上介護するとなると、1千万円以上の負担が生じてしまいます。

 私の母方の祖父も101歳になりますが、足を怪我して、歩くのが難しくなりまして、本人が家にいたいという希望もあり、20年以上母親が介護をしてきました。しかし、母親が病気になってしまうと、介護をどうするか困ってしまいます。
 社会保障審議会の介護保険部会は、介護の給付内容などの変更について、年内に報告を取りまとめるとの事です。

 少し前に、金融庁が、老後を生きるのに、夫婦で2000万円が足りないと発表しましたが、生活費以外に、介護にも1人当たり500万円という多くの費用がかかる事を考えると、年金だけで十分に生活できる年金制度を実現する事が大切です。

FMふくやまで、毎週木曜朝7:50頃から「さとう広典の気になる数字」を放送しています。
これからも、皆さんと一緒に、数字を切り口に色々な問題を考えていきます。
〇さとう広典のFacebookページをシェアして下さい。https://www.facebook.com/satohironoridp/
〇さとう広典HPはこちらです→http://www.satohironori.com

広報スタッフ