活動ブログ

選手交代・政策転換

さとう広典 公式facebook こちらからもご意見頂けるようになりました。
皆様のご意見をお聞かせ下さい
国民民主党 広島県第7区総支部長 元東京都議会議員&nbasp;佐藤広典後援会事務所まで
TEL:084-959-2189
FAX:084-959-2639
MAIL:sato@satohironori.com

活動ブログ

福山市の今後の新型コロナウイルス感染者の試算について 3/26(木)「さとう広典の気になる数字

   

 3/26(木)に放送した 「さとう広典の気になる数字」で、 3月に厚生労働省が出した試算に、2020年2月末の福山市人口構成をあてはめて計算した所、新型コロナウイルス感染者がピークを迎えた時、福山市の「入院が必要な新型コロナ患者数」が、1日当たり828人になる事について、お話しさせて頂きました。以下のリンクから、ぜひ聴いて下さい。

 3月に、厚生労働省は、全国の自治体に「新型コロナウイルスに対しての医療体制」を整備するよう求めました。「どれくらいの人数に対応するかの目安」が必要ですから、新型コロナウイルスの感染者がピークを迎えた時の、「1日あたりの入院が必要な患者数」、「1日あたりの重症者として治療が必要な患者数」、「1日あたりの外来患者数」などを推計するための計算式を示しました。

 それに基づいて試算すると、新型コロナウイルスの感染者がピークを迎えた時、福山市で「入院が必要な新型コロナ患者数」は1日当たり828人になります。

 また、「1日あたりの重症者として治療が必要な患者数」は、ピーク時で1日あたり27人になります。

 一方、福山市には、第二種感染症指定医療機関の感染症病床は、福山市民病院に6しかありません。そこで、病床の増設や一般病床や他施設での対応になってしまいます。しかも、重症者は、呼吸不全になるので、人工呼吸器や人工心肺器を使わなければならず、2、3週間以上の入院が必要になってきます。 

 また、この推計では、福山市での「1日あたりの新型コロナウイルスの外来患者数」は、ピーク時で、1日あたり1582人になります。福山市民病院の2016年3月1ヶ月間の外来数が19,317人だった事を考えると、かなり多い人数になります。

 今回の推計では、東京都では新型コロナウイルス感染のピーク時に「1日当たりの外来患者」がおよそ4万5000人、入院患者がおよそ2万人、重症患者が690人余りと推計されています。(これは、2018年10月時点の人口推計を基に計算したものとの事です。)

 新型コロナウイルスの感染に対して、医療機関の対応能力を失わない事、つまり、医師・看護師の感染を防ぐ事と、院内感染の防止を優先に対応する事が必要です。まず、患者同士の感染と医療スタッフへの感染を防ぐ為に、病院の外、屋外で新型コロナウイルス検査を行い、感染していない人を病院内で診察・治療するという手法も有効だと思います。そして、検査の結果、新型コロナウイルス感染が判明した方については、軽度の人は病院以外の施設で隔離治療するか、自宅療養してもらい、重度の人から入院措置を取る事がのぞましいと考えます。なるべく早い時期に、屋外での診察前の検査を義務付けるべきではないでしょうか。

 ただ、全員は入院できませんから、大変難しい事ではありますが、誰から優先して入院させるのかという基準を明確にしておく必要があります。本来は、国会で、特別措置法改正案に盛り込むべきでした。重症化した場合には、後遺症が残る可能性もありますし、命がかかっていますから、多くの重症患者さんを、いかに素早く対応する事が必要です。福山市民病院については、福山市の判断でできる事もあるのではないかと思います。万が一、皆様が感染した場合の事について、事前に、ご家族とも話し合って頂いておくと、冷静な対応ができるのではないかと思います。

 緊急の景気対策が必要ですし、同時に新型コロナウイルス対策を行って、国民の皆さんの生命を守る事が必要です。少しでも犠牲が少なくなるように、この新型コロナウイルスの危機を乗り切る事が大切です。

FMふくやまで、毎週木曜朝7:50頃から「さとう広典の気になる数字」を放送しています。

これからも、皆さんと一緒に、数字を切り口に色々な問題を考えていきます。

〇さとう広典のFacebookページをシェアして下さい。https://www.facebook.com/satohironoridp/

〇さとう広典HPはこちらです→http://www.satohironori.com

広報スタッフ

「2019年の月平均の実質賃金は前年比-0.9%だった事」について 3/19(木)「さとう広典の気になる数字」

   

 3/12(木)に放送した 「さとう広典の気になる数字」で、 「2019年の月平均の実質賃金は、前年比0.9%マイナスだった事」について、お話しさせて頂きました。以下のリンクから、ぜひ聴いて下さい。

 昨年の名目賃金にあたる現金給与総額は、前年比0.3%減でした。皆様が実際にもらっている賃金を名目賃金と言います、そして、賃金と物価を考慮して計算するのが、実質賃金です。もし、賃金が上がったとしても、物価の方が上昇していれば、購入できる物の数は減りますから、実質賃金は下がるわけです。

 2019年の実質賃金の数値を見ると、1月~3月が-1%、4月~6月も-1%、7月~9月が-0.7%、10月~12月が-0.5%でした。こうしてみると、消費増税前の方が、実質賃金が下がっている事がわかります。

 一方、2019年の消費者物価指数の3か月ごとの数値を見ると、1月~3月が+0.4%、4月~6月が+0.9%、7月~9月が+0.4%、10月~12月が+1%でした。4月~6月と消費増税後の10月~12月に、物価が大きく上がっている事がわかります。

 しかも、2019年の10月~12月期のGDPは、年率換算で、前期比-7.1%という危機的な数値でした。内訳を見ると、個人消費と設備投資が下がっておりまして、2019年の10月~12月の個人消費は-2.8%、設備投資は-4.6%になっておりました。日本は、GDPの6割を個人消費が占めておりますから、とても厳しい状況です。

 2020年1月以降は、中国で製造している様々な部品が、日本に入ってこない事は、製造業に大きな影響を与えております。また、日本で、新型コロナウイルス患者が増えている為、観光業にも、大きな影響が出ております。

 中国で新型コロナウイルス患者が急増しても、日本政府は、中国からの訪日観光客のインバウンド収入を失いたくないから、中国からの訪日を止めなかったのかもしれませんが、その結果、日本で、新型コロナウイルス患者が増え、国民の命が失われる結果になってしまい、他の国からの訪日外国人観光客を失う事になった事は、本当に残念です。

2月21日から、日本政策金融公庫が「新型コロナウイルス感染症特別貸付」(https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/covid_19_m.html)を開設しております。日本政策金融公庫は、福山市にも支店がありますから、ぜひ多くの方に活用して頂きたいですね。

また、新型コロナウイルスの危機を乗り切る為に、各省庁が様々な補助金を出しておりますので、ご覧下さい。下記は、新型コロナウイルスで影響を受けている事業者の皆様への補助金一覧です。(3月13日20:00時点のものです。)https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf

下記は、新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金の資料です。https://www.mhlw.go.jp/content/000605827.pdf

新型コロナウイルス危機を乗り切る為にも、多くの方にご活用頂きたいですね。

緊急の景気対策が必要ですし、同時に新型コロナウイルス対策を行って、国民の皆さんの生命を守る事が必要です。少しでも犠牲が少なくなるように、この新型コロナウイルスの危機を乗り切る事が大切ですね。

FMふくやまで、毎週木曜朝7:50頃から「さとう広典の気になる数字」を放送しています。
これからも、皆さんと一緒に、数字を切り口に色々な問題を考えていきます。
〇さとう広典のFacebookページをシェアして下さい。https://www.facebook.com/satohironoridp/
〇さとう広典HPはこちらです→http://www.satohironori.com

広報スタッフ

新型コロナウイルス危機と特別措置法について 3/12(木)「さとう広典の気になる数字」

   

 3/12(木)に放送した 「さとう広典の気になる数字」で、 「新型コロナウイルス危機と特別措置法」について、お話しさせて頂きました。以下のリンクから、ぜひ聴いて下さい。


 新型コロナウイルス対策の特別措置法が、国会で成立する見通しになりました。新型コロナウイルスの封じ込めには、医療の提供能力が一番のポイントです。特別措置法修正案には、「損失の補償」について明記してあります。ここには、「医療関係者が、国や地方自治体の要請で、医療の提供をして、死亡、負傷や疾病にかかったり、障害が残ったりした場合に、都道府県が、そのご本人か遺族か被扶養者が受ける損害を補償しなければならない」と定めてあります。

 医療関係者は、治療するにあたり、かなりのリスクを負っています。実際、次々と医師や看護師の新型コロナウイルス感染が報道されておりますから、医療機関の皆さんに対しての、少しでもリスクを軽減する事と、万が一の補償を用意する事が必要です。医療関係者の皆さんにとっては重い負担ですが、社会を守る為に、医療関係者の皆さんに尽力して頂かなければなりません。

 もし、改正案に何か追加するとすれば、治療の優先順位についての記載があっても、良かったのではないかと思います。重症患者が多すぎて、対応できない場合に、どういった優先順位で入院・治療対応するかということです。ご高齢の先輩方を先に診るのか、それとも、子どもを先に診るのかという事です。

 あと、他に、外国の医療関係者の支援受け入れについての記載があっても良かったとのではないか思います。医師をはじめとして医療関係者の感染が、続々と報道されています。それだけ、新型コロナウイルスは、感染力が強く、リスクが高いわけです。いったん感染してしまうと、感染力がなくなるまで、医療現場を離れる事になりますから、医療の提供能力が減っていきます。患者が増えて、医療のマンパワー不足で、対応できなくなった場合には、海外の医療チームに応援に来てもらう事が必要になるかもしれません。

 特別措置法は、様々な国民の皆様の権利を制限して、様々な強権を発動できるわけですが、政府が「権力に対する謙虚さ」を持って、危機対応にあたる事が必要です。そして、少しでも犠牲が少なくなるように、この新型コロナウイルスの危機を乗り切る事が大切ですね。


FMふくやまで、毎週木曜朝7:50頃から「さとう広典の気になる数字」を放送しています。これからも、皆さんと一緒に、数字を切り口に色々な問題を考えていきます。

〇さとう広典のFacebookページをシェアして下さい。https://www.facebook.com/satohironoridp/

〇さとう広典HPはこちらです→http://www.satohironori.com

広報スタッフ