立憲民主党 広島県第7区総支部長 さとう広典

選手交代・政策転換

さとう広典 公式facebook こちらからもご意見頂けるようになりました。
皆様のご意見をお聞かせ下さい
立憲民主党 広島県第7区総支部長 元東京都議会議員&nbasp;佐藤広典後援会事務所まで
TEL:084-959-2189
FAX:084-959-2639
MAIL:sato@satohironori.com

活動ブログ

「2019年参院選に関する公選法違反事件に関連して、元法務大臣の河井克行被告から金銭を受け取ったと認めた広島市議会議員13名に対して、市議会が公開の説明会を開催した事」について 4月1日(木)「さとう広典の気になる数字」

 

 

 4月1日(木)に放送した「さとう広典の気になる数字」で、
「2019年参院選に関する公選法違反事件に関連して、元法務大臣の河井克行被告から金銭を受け取ったと認めた広島市議会議員13名に対して、公開の説明会を開催した事」について話しました。以下のリンクから、ぜひ聴いて下さい。

 3月29日に、広島市議会において、2019年参議院選挙に関する公職選挙法違反事件に関連して、元法務大臣の河井克行被告から金銭を受け取ったと認めた広島市議会議員13名に対して、公開の説明会が開催されました。

 2019年の参議院議員選挙広島県選挙区での公職選挙法違反事件をめぐって、河井克行被告の妻である河井あんり参議院議員は、議員辞職し、河井克行被告も衆議院議員を辞職しました。

 公開説明会の内容は、出席した広島市議会議員全員が、元法務大臣の河井克行被告から30万円から70万円の金銭を受け取った事を認めたとの事です。
 そして、金銭を受け取った経緯や違法性の認識等について、問い質されたとの事です。
しかし、金銭を受け取ったと認めた広島市議会議員13名の内、辞職を表明した議員はおらず、「深く反省している。」等と謝罪しただけだったようです。
 歴史に残る事件ですが、こんな事を許してよいのかと思います。
 以前、広島県知事であった藤田県知事が、金銭を渡したとの疑惑で辞職した事がありました。そして、2007年に、広島県議会で政治倫理条例をつくったわけです。
 同じような金権政治の問題が、繰り返されている事は許し難いです。

 また、広島県議会において、史上初めて、政治倫理審査会が設置される事になりました。
 13名の広島県議会議員から、金銭を受け取った経緯や違法性の認識等について聴取をするという政治倫理審査会の委員長案が提示されているとの事です。

 広島県議会の政治倫理審査会は、委員長案では、5月中旬の実施を提案しているとの事です。
 また、審査会は、原則非公開ですが、報道陣に公開して実施する案が委員長から提案されたとの事です。

 他の地域での事例を見ると、例えば、私が8年間東京都議会議員をつとめておりました東京都議会では、猪瀬東京都知事の金銭問題が出た際に、実態解明をする為に百条委員会を設置して、その結果、猪瀬都知事は辞職しました。
 知事と議員は、職務権限が違いますが、今回名前が上がった議員が、次回の選挙で、万が一当選するような事があれば、「選挙に勝ったのだから、禊が済んだ」と言って、何事もなかったように、議会活動をする可能性もありますから、有権者の皆様が厳しい審判を下して頂く事が必要です。

 そして、尾道市議会でも、元法務大臣の河井克行被告から金銭を受け取ったとされる尾道市議会議員に対する政治倫理審査会が、開催される見通しです。
 このように多くの地方議員が巻き込まれた公職選挙法違反事件ですが、このような問題を繰り返してはなりません。
その為には、有権者の皆様が、政治家に対して、おかしな事は許さないという厳しい目を持って頂く事が大切ですし、政治家を変えて、金権政治を一掃する事が必要です。

〇FMふくやまで、毎週木曜朝7:50頃から「さとう広典の気になる数字」を放送しています。これからも、皆さんと一緒に、数字を切り口に色々な問題を考えていきます。

さとう広典のFacebookページに「いいね!」「シェア」して下さい。https://www.facebook.com/satohironoridp/
〇Twitterはじめました:https://twitter.com/satohironori
〇Instagramはじめました:https://www.instagram.com/satohironori.com_/
#立憲民主党 #広島7区 #福山市 #広島県 #佐藤広典 #さとう広典

広報スタッフ